盲導犬フラッシュの部屋へようこそ! 盲導犬日記はこちらからご覧いただけます  盲導犬日記(2006.07〜) >>>以前の盲導犬日記(〜2006.06)

盲導犬フラッシュ
盲導犬フラッシュ盲導犬日記

盲導犬フラッシュの部屋へようこそ!

盲導犬フラッシュの凛々しいお仕事姿と
過保護な普段のわんこフラッシュを是非ご覧ください。


SINCE 1999.9.1
ボタン:フラッシュニュースのボタン
FLASH Newsをクリックするとフラッシュムービーがご覧いただけます
 <フラッシュの食事風景>

おたよりはこちら




フラッシュ!今まで有難う、    
     そしてお疲れ様でした。!


フラッシュ
皆様へ

14年間、目の見えない私を懸命に支えてくれた盲導犬フラッシュが、平成24年11月24日、私の手の中で永遠の眠りにつきました。(享年16歳3ヶ月)  皆様に可愛がられて、彼もとても幸せでした。本当に有難うございました。 これから私も、彼と歩んできた思い出を大切に、彼が白いハーネスを通して、私に説 いてくれた、一度限りの人生、後ろを振り返る事無く、前へ前へ、頑張って生きてい きます。

下記にフラッシュとの最後の思い出の日記を書きました。もし宜しければご覧下さい 。 
                               蔦田 貴彦

平成24年11月24日 土曜日
 フラッシュ、今まで有難う。
 14年間、目の見えない私を懸命に支えてくれた盲導犬フラッシュが、午後11時5 0分、私の手の中で、永遠の眠りに就きました。享年16歳3ヶ月でした。  最後も、彼らしい去り方でした、私が仕事を終えて、お風呂、晩御飯、そして娘達 を寝かせて、その日やる事を全て終えて、彼に寝る前のお水を飲ませてあげようと、 彼のベッドへと行きました。ほとんど寝たきりだったので、私が彼を抱かかえて起こ し、そして妻が水の入った容器を彼の口の前に持っていくと、ほとんど意識が無かっ たのですが「有難う」と尻尾を振って、お水を一口飲んでくれたのです。そして次の 瞬間、彼の頭が、彼を支えていた私の手にのしかかってきたのです。私の手の中で、 天国へと旅立ってくれたのです。本当に彼の最期をみとれて、私も本望でした。  有難うフラッシュ!君のお陰で、人生やり直せました、そして人の道にさ迷い掛け た時、いつも救ってくれたのは君でした。君のお陰で、妻とも出会えました。二人の 娘も授かり、その娘達が、いつもフラッシュの事を心配して、「フラッシュ、早く帰 ってくるから待っててね」と小学校に保育園にそれぞれ行く前に彼に言って家を出る のです。彼も、いつもそんな優しい娘達を見送っていました。 君が残してくれた、盲導犬として立派に働いてくれた思い出、そして私の心の支えと してずっと傍にいてくれた思い出、君は最高の相棒でした。これからも、ずっと・ず っと一緒に君と歩んで行くからね。天国から僕達家族を見守っていて下さい。 有難うフラッシュ!僕とずっと一緒に歩んで来てくれて…。 以上

11月27日 火曜日
 きょうは、家族4人で、フラッシュを見送りました。 妻の運転で、私が彼を抱かかえながら外の景色が一番見える助手席に座りました。 車が家を出ると、涙が出てきました。彼とこの家で過ごした約10年間の思い出、そ してフラッシュと二人で、散歩に行った桜並木の道、そして彼と買い物に行った駅前 のスーパーの前を通ると、元気に歩いているフラッシュの姿が目に浮かんでくるので す。

 最後にフラッシュと行った場所は、以前暮らしていた家です。フラッシュと初めて 暮らした思い出の家。家の裏にある桜並木の遊歩道は彼のお気に入りの散歩道でした 。 毎日のように「フラッシュいる?!」と小学生達が彼に会いに来てくれた思い出の家 です。

 そして、とうとう着きました。そこは交野市にある般若寺です。 こちらでフラッシュを荼毘(ダビ)にふして頂き、家族4人で「フラッシュ、今まで 有難う」と彼を天国へと見送りました。



下記に記したのは彼にあてた手紙です。

フラッシュへ、今まで目の見えない私を導いてくれて有難う。君のお陰で、ここまで 来れました。 盲導犬として、そして心の親友として、君がずっと傍にいてくれたから、心強かった です。

 君と出会った時(平成10年)、私は無職でした。時々、小学校・中学校に講演に 行くことがあったよね。大勢の小学生達に囲まれて、君は、いつも嬉しそうに照れく さそうにしていたね。君のお陰で、多くの人と出会えました。 白杖一本で、歩いていた頃は、外に出るのも何かにぶつからないかと怖くて、道に迷 わないかと不安でしたが、君が来てくれたお陰で、外に出るのが楽しくなりました。 君がいてくれるから心強く、道に迷っても君が付いてくれているから安心でした。毎 日のようによく出かけたのが、スーパーへの買い物でした。当時の私の仕事は《専業 主夫》でした。食料品を買いに毎日のように駅前のスーパーへ二人で行ったよね。本 当に懐かしいです。

 次にチャレンジしたのが、平成11年、学生時代にしていた走り幅跳びでした、目が 見えなくなって、走って跳ぶのは、本当に怖かったです。けれど君が練習中、ずっと 見守っていてくれたから頑張れました。  そんなチャレンジするのを日本テレビ「24時間テレビ」で特集されて、高校時代 の後輩の森長正樹選手(走り幅跳び日本記録保持者・8メートル25)と、アースマラ ソン(地球一周)を成し遂げられた間寛平さん、そして元バレーボール全日本代表選 手の大林 元子さん達と一緒に、頑張って跳んだよね。記録は、4メートル32でし たが、本当に嬉しかったです。 君も、跳び終わった私がいる砂場まで来てくれて、尻尾フリフリして、嬉しさの余り 、砂場の砂を掘り起こして、みんなを笑わせたよね。本当に素敵な思い出です。

 そして次にチャレンジしたのが、私は目が見えないけど、もう一度、人の為に活かさ れていきたいと奮起して、その一心で、君と二人で平成12年、兵庫県神戸市にある 国立視力障害センターへ入学して 鍼灸師への厳しい猛勉強が始まりました。知らない街での生活と厳しい勉強…。目が 見えない私を、いつも救ってくれたのはフラッシュでした。

 君は、まだ4歳、ほんとは外へ出て、おもいっきり遊びたいのに、毎日、私の勉強に 付き合ってくれて、いつも教室の後ろにある君のベッドで、授業の邪魔にならないよ うに、おとなしく静かに勉強が終わるのを待ってくれていたね。君と過ごしたあの三 年間の寮生活も、懐かしい思い出です。 そして、平成15年鍼灸師の国家試験に無事合格し、生まれ育った交野市に夢だった はり治療院 「宝命堂」を開院する事が出来ました。 本当に、目が見えなくなって、ここまで来るのに大変でしたが、いつも君が傍で見守 っ ていてくれたお陰で、ここまで来れました。有難うフラッシュ。私に光と希望を与え 続けてくれて…。

 これからは、妻と二人の娘と心合わせて頑張って生きて行くから、フラッシュ安心 して天国から見守っていて下さい。 君が教えてくれた、活かされて生きる、父親として、そして鍼灸師として、この世で 一度限りの人生を、明るく・素直に・感謝の気持ちで、私も頑張って生きて行きます 。

 神様、もし私の願いがかなうなら一つお願いがあります。私がこの世からあの世に行く時、『虹の橋』と言われる架け橋があると聞いたことがあります。そこで、もう 一度、フラッシュと出会わせて下さい。それが私の願いです。フラッシュ、目が見え ない私にも、君と分かるように、ずっと付けていたカウベルの付いた首輪を付けて今 日見送るからね。有難うフラッシュ!

                                   蔦田貴彦


《虹の橋》とは。
 天国の一歩手前に、『虹の橋』と呼ばれる場所がある。 地上にいるだれかと親しくしていた動物は、死ぬとその『虹の橋』へ行く。 そこには、草地や丘がひろがっていて、 動物たちはいっしょになって走ったり遊んだりすることができる。 たっぷりの食べ物と水、そして日の光に恵まれ、 彼らは暖かく、快適に過ごしている。 病気にかかっていたリ歳をとったりしていた動物たちは、ここに来て健康と活力を取 り戻し、 傷ついたり不具になったりした動物たちも、もとどおりの丈夫な体を取り戻す。 過ぎ去りし日の夢の中でのように。 動物たちは幸せに暮らしているけれど、ひとつだけ不満がある。 それぞれにとって特別なだれかが、あとに残してきただれかがいないのを 寂しく感じているのだ。 動物たちはいっしょに遊んで時を過ごしている。 しかし、ついにある日、そのうちの一匹が足を止めて遠くに目を向ける。 目はきらきらと輝き、体はたまりかねたように小刻みに震えはじめる。 突然、彼はみんなから離れて、緑の草地を跳ぶように走っていく。 あなたを見つけたのだ。 とうとう出会えたあなたたちは、抱き合って再会を喜びあう。 もはや二度と別れることはない。 喜びのキスがあなたの顔に降りそそぎ、 あなたの両手は愛する友の頭と体をふたたび愛撫する。 そして、あなたは信頼にあふれたその瞳をもう一度のぞきこむ。 あなたの人生から長いあいだ姿を消していたが、 心からは一日たりとも消えたことがないその瞳を。 それから、あなたたちはいっしょに『虹の橋』を渡るのだ。
                                  作者不明


 公共広告機構のCM(2004年度全国キャンペーン)に出演しました!

中村美律子さんとの思い出アルバムを掲載しました


 フラッシュの新盲導犬日記を掲載しました (以前の盲導犬日記はこちら)

 フラッシュとやすらぎ音楽祭に参加。何と!準グランプリ受賞!!

 フラッシュの最新の講演活動こちら(新盲導犬日記)に掲載しました。(2006年までの活動はこちら

・・・・・  MENU  ・・・・・

ボタン:盲導犬について
ボタン:プロフィール
ボタン:アルバム
ボタン:盲導犬同伴可ステッカー
ボタン:活動報告
ボタン:リンク


Copyright 2004-2005, Tsutada & Flash  このページの情報を無断で複写、転載などを行うことを禁じます